自毛植毛は主にどんな人が利用し費用相場はどれくらいなのか

植毛

自毛植毛はどんな人が利用する?

こちらを見ている男性


クリニックでは様々な薄毛治療を用意しています。一般的なのが投薬による薄毛治療です。投薬による薄毛治療ではフィナステリド内服薬やミノキシジル外用薬などを使用することが多いです。その他にも頭皮に直接発毛カクテルを注入する注入治療、髪の毛を採取し移植する自毛植毛などがあります。このうち自毛植毛はAGA男性型脱毛症に悩まされている男性が主に利用しています。
AGAでは前頭部と頭頂部に症状が見られ、側頭部や後頭部にはあまり見られないと言う特徴があります。そのため自毛植毛では後頭部から髪の毛を採取しています。男性ホルモンの影響を受けにくい髪の毛を毛根ごと移植しているため、AGAによって移植した髪の毛が脱落してしまうと言う心配は少ないです。投薬による治療は使用を止めるとまたAGAの症状が始まり出してしまいます。
いつまで続ければ良いのか分かり難いです。さらに100%成分の効果が出ると言う保証もありません。そのため成分の効果が出なかったと言う方も自毛植毛を良く利用しています。ただし投薬や注入治療よりも費用が高額と言うデメリットがあります。AGAの症状が進むほど多くの本数が必要となり、費用が高くなっていきます。そのため金銭的に余裕がある方が利用しています。

自毛植毛の費用相場は?

自毛植毛は高額な費用が掛かる薄毛治療です。クリニックによって費用が異なるため、事前に相場を知ってから来院したいところです。自毛植毛の費用相場は薄毛の進行具合によって変わります。薄毛の症状が進行している方ほど費用相場が上がります。額の生え際から髪の毛が後退し、目立ってきたと言う症状ではおよそ1000本の植毛が必要です。この程度の進行具合ならおよそ65万円が費用相場と言われています。
さらに髪の毛が後退したと言う方だと3000本ほどの植毛が必要となり、130万円から150万円ほどの費用が掛かります。頭頂部から円形状に薄くなっていると言う症状ではおよそ4000本の植毛が必要となり、およそ160万円から180万円ほどの費用が掛かります。その症状が進行しつむじまで広がるとおよそ5000本の植毛が必要となり、200万円以上かかることがあります。
額の生え際から髪の毛が後退し、頭頂部まで広がってしまうとおよそ6000本、費用は250万円以上掛かることがあるのです。自毛植毛の術式によっても費用が変わります。植毛ロボットによる自毛植毛は医師による手作業の自毛植毛と比べると費用が高めです。後で後悔しないよう、クリニックで良く相談してから自毛植毛を受けるかどうか決めて下さい。

自毛植毛の方法とは

自毛植毛という方法があります。これは本人の髪をドナーとして採取することなります。そして、そのドナーを薄毛が気になる部分ところに移植するわけです。男性が薄毛になることはよくあります。これは、最大の原因として、男性ホルモンが毛根付近と酵素が結びつき、それによって、脱毛をしなさい、というシグナルを誤発信してしまう、ということがあるのです。
これによって脱毛をしていってしまう、ということになるのですが、それでもこれはどうにかして防ぎたいと思う人が多いでしょう。そこでお勧めできるのが自毛脱毛なのです。特によいところとしてあるのが、この方法で植えられたところは男性ホルモン受容体がないので脱毛しにくいことになる、ということになりま。こうした点も素晴らしいことであるといえるでしょう。
自毛植毛した髪は定着すれば、しっかりとメンテナンスすればかなり安定する、というメリットがありますから、非常によい方法であるといえるでしょう。自毛脱毛というのは、費用がかなりかかることになりますから、それは覚悟しておいたほうがよいでしよう。それでもとても肌によいことでもありますから、お勧めできる要素はたくさんあるのです。それが自毛植毛です。

自毛植毛の効果

自毛植毛というのは、肌に対して優しいタイプの植毛になります。まず、自分の髪の部分からドナーを使うことになります。つまりは、抵抗が少ない、ということになります。体が植毛に関して抵抗感があるようなものではありませんから、そうした点も素晴らしいことであるといえるでしょう。自毛植毛をすることによってA…

MORE

Post list

TOP